激闘!!保育園申し込み!申し込みのルール!

11月スケジュール管理が出来てないダメな私は30日までに保育園に願書を出さないといけないことを知り、焦って準備。

今は、倍率が高い保育園が多く、10箇所ほど希望を出したほうが良いといわれ、電話しまくりの下見しまくりの1ヶ月でした!!
あー大変。
今は、保育園も多種多様。
「うちは知育をしてます!」
「うちは、知育はせず、のびのびと!」
「布おむつを推進しています」
「30年後も繋がる友達をモットーに!」
「食育で毎月別で1000円頂きます」などなど
凄い熱心で困りました。

麦太朗にどういう教育をしたいか…そんなことしっかり考えてなかった。。。

そして、最終的に20人以下の少人数の保育園にしました。
理由は私の仕事のこと、見た目のこと。普通の大きな保育園てはなかなか理解されない事が私たち夫婦には沢山あって…笑


もちろん素晴らしく優しそうな園長先生だったのですが、その先生に申込書を直接渡すのですが、1度下見に行っただけなのに、私の顔を見て
「あら、麦ちゃんのお母さん!いいご縁があってきまりますように」といってくださり、ここに通わせたいと改めて思いましたね。


大型の保育園は下見が30人規模でツアーガイドのように園内を案内されました。設備も教育方針も最高です!
食べ物の産地を入り口に毎日書いてあるんだそう。

ただ、保育園の教育が完璧でも、私は産地をあまりこだわらずご飯をあげているし、教育も子供用というか、サービス業的な教育ばかり話してしまうので、麦太朗の中でズレが生じるかなーと。

結果、私の生き方や、やり方にあった保育園、わたし目線で決めてしまいました。

そこに罪悪感があるものの。。。

でも、蛙の子は蝶々にはなりませんからね。

ここは、これで良しとしよう。

なにより、暖かい保育園だったもの。大丈夫!

というか決まればの話ですけどね。

どーなるやら。

ここまでしても、決まるかは謎。

ま、気楽に考えて待ちます꒰ ´͈ω`͈꒱
e0172800_11073183.jpg


[PR]
by xxxcham | 2016-11-29 10:52