2017年 05月 20日 ( 1 )

悶々とした気持ちは当たり前!!

麦太朗、2歳おめでとう。

あなたが産まれて私は本当に嬉しかった。幸せだった。
感謝してもしきれません。

ただ、あなたはどうですか?

こないだ、仕事中に私に抱っこをせがんできて「忙しいから静かにしなさい」と叩いてしまいました。
その後、麦太朗は椅子に座り、閉店するまで待ちました。
お客さんが帰った後、いつもホールに出て、走り回り、手が空いたスタッフに遊んでもらう麦太朗。ずっと我慢してるんだと思います。

私は2歳の子を縛り付けて何がしたいんでしょうか。
でもお店には人生をかけて働きに来てくれてる人たちがいて、美味しいと食べに来てくれる人達がいる。

お店をやった事も、麦太朗が産まれた事も全然素晴らしい事。

私がちゃんとしないと、そう悶々とした気持ちを抱えて2年間育ててきました。生後4ヶ月で抱っこして働きました。
麦太朗にもお店のスタッフにも迷惑をかけて。旦那さんにもイクメンを超えた育児を頼んで。

でも、全て現実で全て幸せなこと。

それを楽しいととるか、しんどいととるか。

ただのこちらの気持ち次第で人生の色は変わります。

弱音を吐けばきりがなく出ます。それは、お店をやっていてもやっていなくても、親となった時に今までの人生と変わり、長期間というか終わりのない束縛に感じる事もあります。
でも、子供からしたら??
私は両親に対して当たり前の安心感、甘えをもっています。麦太朗もきっとそう。
当たり前に私に愛情をもってくれています。だって親ってどんな時も自分の味方でしたから。
それを親が色々な事を我慢して、苦労してそれを私に隠して育ててくれたことをこの歳になって知ることになりました。

うーん、自分の誕生日、麦太朗の誕生日があり、色々と振り返り、考える事が最近は多いのですが、自問自答常に忘れずにいたいと思うのです。

常に感謝、常に自己嫌悪、常に最高を求めて毎日を過ごそうと思って今日も生きていこうと思います。

e0172800_10504502.jpg


[PR]
by xxxcham | 2017-05-20 10:38