<   2017年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

魔の2歳は子供だけでなく、親にとっても試練なのかも。

ここは私のプライベートを書くところ!
私のストレス発散や言いたい事を言う為の場所!
とゆーことで、思う事を書きたいとおもってます!

結婚して、子供が出来て、色々なことが変わっていたことに私自身気付いてなかった事が多いと思います。
旦那さんのことは全部分かってると思い込んでいたし、子供が出来て自分には使命が出来て、選ばれし戦士の様にいきってたし、色々と考えも固まってきてました。

それが言葉の端々に出ていたんだと思います。
思い上がってたなぁ、私。

明日の事、未来のことを考えすぎて、今を見逃す。ありがちな言葉ですが、本当にそれ。

些細なことをきっかけに旦那さんと喧嘩になったんです。ちょうど麦太朗が成長し、乳児の時のように付きっ切りで面倒見なくても保育園に行って友達と遊んだり、親戚に預けたり出来るようになった時。

産まれてから夫婦2人で力を合わせて仕事も変な仕事をお互いしてるので必死にがむしゃらに育ててたから、お互い我慢をしまくっていたんでしょうね。
ふっと一息ついた時、そんな時にした些細な喧嘩があれよあれよとよからぬ方向へ。笑笑

ほんと笑えるくらい良からぬ方向へ。

で、時間をかけて話をして目からウロコ!!!

私は産後変わってたし、旦那さんも変わってた。
でもそれは当たり前のことで、見方を変えたらいい事なのに、それが見えない。理解できない。

私は男の研究をして、色んな人に話を聞いた。
独身の人、バツイチの人、70歳くらいのベテランさん。

やっぱりね、男と女は思考回路が違うわけですよ。
それをすごーーーーーく、理解しました。
そして、それをペラペラ話さない男と、自分と同じようになってそれを言葉にして欲しい女でまたすれ違う訳です。笑

もう、そりゃ会話が噛み合うことはない!笑笑

しかも私は冤罪の人を有罪と自白させるくらい口が達者で旦那さんは口下手でLUNA SEA好きのキザ男。彼の男らしさを理解できなかった。

でも、大切な事は何か?

今まで毎日一緒に過ごした彼との時間と彼を育てたご両親の人柄、周りにいる人たち、それをゆっくり見直して、、、
彼の怒ってる時の言葉じゃなくて、私が信じて結婚した彼を信じる事。
そう、熟練の母達が皆言った、「あんたが選んで結婚したんでしょ!」。そうその通り!笑笑

色々と考えたら、自分が悪かったなー、と素直に。

もちろん旦那さんは変な人。

でも、それは分かってたはず。その中にある何かに惹かれたわけで。それを勝手にこっちが美化して、思い込んで自分勝手に怒ってました。
でも男の人は男の人なりに色々と戦ってるし、考えてる。女と違ってもやっぱりとっても我慢してる。そして女みたいにコロコロ変わらない。孤独にも抱えてる。強いんだな、と思いました。

しかも、私たちは喧嘩がめちゃくちゃ下手!
付き合ってあんまり喧嘩してなかったから、喧嘩したらいらんことばっかり言い合ってしまう。

そう、もし、私のようになったら、皆さん喧嘩の時の相手の言葉は忘れましょう。
きっと本心ではないし、人は喧嘩がめんどくさいから逃げようといらぬことを言う。
和解を目指さず相手を傷付け勝とうとする。
それを流しましょう。笑笑

今まで人とした事がないくらいの喧嘩をしたけど、それはそれだけお互い我慢していたということ。
だって、旦那さんの人生で考えてたら、結婚して、子供が産まれて、ホント今までないくらいの我慢をしてたと思います。

今は、喧嘩をして良かったな、と思う。いや、しない方が良かったとまだ思う。笑
でもこれから一緒に40年過ごすためには私みたいな気の強い女は一度ここで鼻をへし折られないといけなかったと思います。

そしてどんな時も私の味方をせず、旦那さんの肩を持ち、私を叱り続けてくれた母と姉に感謝します。
妻とは、母とは何か、旦那さんがどうとかではなく自分の仕事を全うするよう案内してくれた2人に感謝。

そして、私の事を心配してくれた親友にも感謝。

私はいざって時に直接お礼を言えない事もあるのでこの場を借りて、、、

本当にありがとう。

さてさて、だからと言って私たち家族にはまだまだ試練はあるものできっとそれは誰も同じかもしれませんが、どんな壁も旦那さんとパンさんと麦太朗と乗り越えていかなくちゃいけないので、しっかり家族で手を繋いで頑張ります!!

かしこ。


追伸
色々書いてごめんね、旦那さん!笑笑
[PR]
by xxxcham | 2017-08-22 10:07

私は根無し草、いや、歩く花!

小さな頃から学校に毎日行けなかった私。
行っても通学路から外れて毎日違う道を歩きたい!
学校の行きしに寄り道(知らない人の家)でお菓子もらったり、亀を拾ったり。

一人暮らしをはじめて、今現在まで16回の引越し。
東京で働いたり、テレビ会社の大道具で働いたり、工場で働いたり。
海外はチベット、ウイグル、香港、バリ、ニューヨーク、シカゴ、中国の少数民族の村とか。
ローカルなところが好きなのかな?
ヨーロッパ、エジプト、インド、、行きたいけどなかなか休みが取れない。

ましてや結婚して子供が出来て、京都でお店をしたのでこれからは地に足つけて、、、と思っておりましたが。笑笑

いつか海外に住みたいという思いは消えず。

日本のどこかにも住みたい。

でも旦那さんは結婚当初家が大好きで、必ず家に帰る人で、なかなか家からも出ない人やったのでなおさら夢はまた夢へ。
普通のお母さんになるんだなぁ、と思ってました。
それはそれで、楽しいかも、ともおもってたし。
そんな中、旦那さんが新しい仕事を初めて新たな一面を見せてきた!!!
日本中をウロウロし始めた!それは始め驚いたけど、彼もそーゆーところはあるんだぁと新発見。

そしたら、私のウロウロ癖も再発するわけで。笑笑

少しずつしたい事もしていこうと。(充分自由にいきてるように見えるでしょうが。)
日本、国外、私のまだ見た事ないところへ行きたい。小説や、映画で見た世界に行きたくなるもので。

家族には色々な形があると思う。
あまり、普通のルールに囚われずにでも、しっかり家族のルールを作って守っていけばいいと思う。
麦太朗は今はまだ海外は色々大変かもしれないけど、いつか一緒に連れ回したいな。

とにかく、秋にタイへ行ってきます!
年明けには念願のキューバ!!!
それを実現していけるように現実をしっかり見据えて。

趣味を仕事に変えて行けたらいいなぁー。
旅をして、それを仕事に出来るかどうかは分からないけど、行かないと始まらない。
やらないと分からない。
やりたい事を思いっきりやるために選んだ人生だから、出来る限りの事をしたいなぁ。

それを決めて動いてると、自由な人ばかり集まってきた。でも、自由な人は引き換えに何かを失ってる人が多い。
それも一つ課題としてしっかり見つめて行きたいなぁと思ってます。

店長、妻、お母さんという立場もしっかりこなして、その上、自分という存在も楽しみたい。

最終の目的地は北海道で迷い犬を保護するところで働きたいです。

まだ35歳!
e0172800_21230804.jpg

e0172800_21230927.jpg

写真は生後6ヶ月でバリに行った時の私と麦太朗!

[PR]
by xxxcham | 2017-08-04 21:02