結婚とは。

いやはや5年が経ちました。
出会って18年、付き合って6年、結婚して5年。
e0172800_10310240.jpg
↑出会った時。
この時は私、まだ乙女でしたね。ちなみに山さんは真ん中です。笑
e0172800_10310534.jpg
2011年付き合いたてです。
ファミチキ食べてるだけで楽しかった!笑
e0172800_10310975.jpg
私の相棒桃子。
山さんの登場に戸惑いながらも、匂いをおぼえてました。山さんお世話してくれてました!!
e0172800_10311252.jpg
そして、パンさん登場。2012年。
かなり赤ちゃんやったなぁ!可愛い!

e0172800_10331808.jpg
麦太朗の現れ。
パンさんはまだライバルの存在を知らない。笑

私は20キロ近く増量!笑2014年。
e0172800_10332094.jpg
2015年、麦太朗誕生。
今思えば本当に小さかった!!

e0172800_10332359.jpg
そんな私たちも小さな頃はありました、1984年。
e0172800_10332662.jpg
山田昌毅、2歳?多分、1982年位。

そう思えば、旦那さんの人生で言えば39年間の中のまだたったの5年です。
結婚前、私がこーゆー人間だと知らなかった旦那さん。
もちろん私も旦那さんがどんな人か分かりきってなかった。
そして、いまでも分からないことは沢山あるのかもしれない。

今になって、スマップのセロリ、「育ってきた環境が違うからスレ違いは仕方ない」の歌詞がよく染みる。

旦那さんの友達にしても私より旦那さんをよく知る人の方が多いと思う。
そして、これからも人は変わるんだと思う。
知らない一面、変わっていく一面、それを見逃したり、否定したらダメなんだと思う。
私が5年間で学べたことはまだそれくらい。

そして、結婚しよう、と決めた時信じた相手の人間性を忘れないこと。

それでも根底から変わったり、裏切ったり、あるかもしれない、そんな事を経験して、夫婦とは、家族とは何かを知っていくんじゃないでしょうか。
わたしには未知すぎてまだまだ分からないけど問題をクリアしていくパワーは切らしたらダメですね。


何より、それぞれの仕事がまずバタバタなのですが、、、笑笑

いつになったら落ち着くのか。

それにしても、旦那さんは素直でまっすぐで暖かい人です。旦那として、父として、とても家族のことを考えてくれています。
わたしはそんな旦那さんの良いところを壊さないように良いお嫁さんになりたいなぁ、と鍛錬中です。

はい、感謝。




[PR]
# by xxxcham | 2017-11-11 10:26

ベトナムについて思うこと。

産後6ヶ月でバリに行ったのも遠い過去。
次はベトナムへ行ってきました!
SNSで、沢山アップしましたが、ほんの一部。
建築として、フードとして、文化として、ビジネスとして、、、写真は現像し650枚。笑笑

大切な資料です。
今日はまず、ベトナムの多少の歴史と建築物から。

私はベトナムといえは、フランスの領地でアメリカと戦争をした国というイメージでした。よくあるアジア諸国と同じく象の神様や、蓮の花。
しかしベトナムはその想像を超えてきましたね。
e0172800_10221656.jpg

街の中心には、協会が。
こちらフランスの建築物で、今工事をしていますが、材料をフランスから送っているため、時間がかかっているそうです。
e0172800_10234682.jpg
ホーチミンの街中にはいたるところにヨーロッパ調の建物が。けっして綺麗ではありません。でも綺麗じゃないところに歴史を感じ、アジアの街に馴染んでさえいます。

そして、今回の旅で驚いたのは、そのフランスの領地時代の建物をリノベーションしているというところ。
e0172800_10261973.jpg
そのリノベーション力は日本どころかブルックリンに匹敵するんじゃないかと。とにかく廃材を使うのが本当に上手くて、感動しました!
雨季があるので植物を使うのが上手くて、壁収納、光を使うのも上手です。
e0172800_10291954.jpg
今回夜の写真を撮らなかったのは後悔。
オープンテラスで屋根が木であるお店がとても多かったです。
もちろん、ベトナムの人のためだけの街ではありません。ヨーロッパ圏の人たちが多く住む街が近くにあり、そーゆー人たちも、観光客もきます。
しかし、こーゆーところで現地のベトナムのOLさんもお茶をするようになってきているそうです。
バリに行った時、現地の人と観光客。その隙間に妙な違和感を覚えました。
言い方は悪いですが、違うものだと諦めている。
だから、とてももてなされているという感じがあり馴染めなかった。
でも今回現地の女性に少し出会えたのですが(きっとその人は良いところの娘さん)「このカフェ良く来ますよ」とか、一緒に買い物したりしました。
物価は現地の金額と観光客用とはっきりと分かれていてでも、高くぼったくるお店は少ないように思います。
つまり言いたいのはベトナム自体が物価を上げようとしている。それを現地の人も生きがいにし、よろこんでいるし、プライドをもっている。ということ。

なんだか、勢いを感じました。

観光客用のホーチミンではなく、自分たちもその街で楽しんでいけるように。

これはあくまで私の3日間だけの見解です。

しかし、ベトナムはこれから物価が上がり、都市化していくような気がします。
占領されていたときの古い建築物が多くあり、それを今風に利用できる。決して新しいビルを作るだけでなく。

フランスもブルックリンもアジアも持っている国。

私はとても好きになりました。

戦後40年の国。
日本でいうと30年前の日本。
もちろん戦争も占領も人の命がなくなったのなら、それは良くないこと。しかし、私はベトナム人に根付いているフランスの食文化、建物、美意識を見て、これからのベトナムに必要だったんではないか、とさえ思ってしまうのでした。

唯一無二の国。

是非、他国のように街並みを壊し、近代的な街を作り、ハリボテの古い建築物風の内装を作ったりするような国にはならないでほしいです。

ただまだまだ戦争した国、としてのイメージが強いです。それは日本もそうだったのかもしれません。
そこを含めて人の逞しさを大切にしていきたいです(私が)
あれ、なんの話だこれ。笑笑

とにかく、面白い街。

なめたらいけませんよ、ベトナム。

[PR]
# by xxxcham | 2017-10-30 10:18

家族。

この1週間にあったこと。

これを振り返る暇もないくらいの毎日です。

しっかりとオフを取らないといけないけど、時間が出来たら家族で遊んでしまう。
家族で遊ぶのも120%な夫婦なのでどーしても疲労感はなくならない。笑笑

充実感はすごいけどね。
吐きそう。笑笑

この1週間で、300枚くらい写真が増えちゃってヤバいです。笑笑
e0172800_10335859.jpg
ただ、思うのは、うちの家族は皆笑顔。

きっとこれは本当にありがたいことで、私以外皆笑顔。
人が良いって凄く大事。

私は何事も斜に構えるところがあるし、疑り深いし、理屈っぽい。
でも、素直なパンさんに麦太朗。
驚くほど気の優しい旦那さん。

この家族が笑顔じゃなくなるとしたらきっと私のせい。
e0172800_10362936.jpg
ネガティブに聞こえますが、本当にそう。
だから、自分のダメなところが出そうになったら、旦那さんの視点で、麦太朗やパンさんの視点で物事を見るようにしてます。
この時点で屁理屈っぽいですよね。笑笑

 
e0172800_10383233.jpg
でも本当に自分だけでは生きていけないダメさを全てカバーしてもらってると思います。

今日からまた怒涛の毎日。

皆に習って、笑顔で、元気について行こうと思いますっ!!

かしこ。

[PR]
# by xxxcham | 2017-10-11 10:31

売れないからバンド辞める?制作を辞める?

売れないからバンド辞める

私はライブハウスの店長と結婚してて、ライブが好きで、それ以外にもdjイベントやったりもしてて、学校は芸術大学だったので、制作をしてる人も身の回りに多いです。
だから、夢と現実の間で悩んでる人や、挫折したりしてる人もいるし、不安を抱えてる人もいる。
恋人や、両親に反対されている人も。
 たまーに、腹が立つことがある。
てかあった。

「売れないから辞める」
それって逃げじゃないっすか?
売れないといい曲作れない?生活できないと良いもの作れない?
きっと色んな事情があるんだろうけど。
結果が出ないことから逃げてるだけなんじゃない?

好きだから始めた事をそんな卑怯な言い訳で辞める人は嫌いです。
そーゆー人は、理想だけ高くて、それに見合った努力をしてない。

クレイジージャーニーを見てて、趣味に突っ走ってる人を見てると、センスや運ではなく、とてつもなく好きな事に忠実だなぁって。
それに対して、諦め半分、尊敬半分で見守る家族。
それでいいと思う。

バンドをしてて、制作をしてて、生活出来ないなら、それは単に努力不足。
金がないと不満を言う人も、お金がないと文句を言われることへも戦えない人はさっさと黙って辞めたらいい。
だれも引き止めない。

いい歳だから辞めようと言うのは、それとは別で認めてもらえない焦りから逃げてるだけ。

好きな事はどんな時でも出来る。

いい歌は10人の心に残ったらそれでもいいんじゃないかなー。
良い絵は10人に大切にしてもらえたらそれでいいんじゃないかなー。

もっと売れたいなら、東京でも外国でも、自分を試しに行けばいい。一人一人にアピールしていってもいい。自信をもって。

人間は言い訳ばっか、都合の良い方に持っていってばっかで、萎える。

好きな事がある事をちゃんと大切にしてほしい。

私、珍しくイライラしてます。



[PR]
# by xxxcham | 2017-10-02 12:46

とりとめない話。

こないだ、サスペンスドラマで、
「子供の生き方は親の人生を変える
親の生き方は子供の人生を変える」
というセリフがあった。

もちろん、友人も配偶者もそうなのだろうけど、親子というのはもっと強い。

どれだけ子供を頑張って育てても、子供が逮捕されたら親は前科者の親。
警察は無情にも消せないな罪を人に与える。絶対力を持っている。
その時に、他人のせいにしてもどうしようもない。
自分も子供も罪に縛られるだけ。
「私の育て方が悪いんや」と母がよく私に言ってた。それがイライラする事もあったけど、母がその時に第三者の文句を言う人なら私は自分を見直すことができない子供になっていた。
私のいい加減な行動で母が自分を責める姿は辛かった。

それは、わたしと息子でもあるわけで、私と私の親でもそうな訳です。

笑笑

逮捕とか、されるようなことはないですよ。笑笑

ただ、生きていて逃げることが出来たのは親がいたからで、親になったら、逃げることがあるかもしれない子供を支えることが当たり前になるんだなー。と。

その時、親として、どの様に子供を諭すか。導くか。
それ次第で子供はかわる。


ふと、ニュースを見ていて思いました。

友達との喧嘩、勉強や、趣味、恋愛など今まで自分がぶつかってきた壁を親は知らず知らずそばで支えてきてくれてたんだなー、と。

私もその気持ちをもっていかなきゃな、と。

まだ2歳の息子に対して考えることではないですね。

ただ、私はまだ子供としての視点が多くて、親が自分にしてくれてたことにひとつひとつ、気付いていってるとこなんです。

そして、人は強いな、と感じる。

子供を育てることは自分の生い立ちをひとつひとつ振り返る作業なんだろうなー。

まだ2年。
これからまだまだ。

勉強させてもらいますっ!

[PR]
# by xxxcham | 2017-10-02 10:44