<   2018年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

桜と母。めっちゃ良いこと書いてしまいました。

母と私。

永遠のライバルです。

母は私の事、ライバルどころかハエくらいに思ってるでしょうが。笑笑

私の実家は南禅寺の旅館です。
桜を見れば、紅葉を見れば思い出すのは実家の家族。

大変かな?忙しいかな?

もちろん私は私のささやかなお店があり、それを必死こいてやってますが、やはり気になる。
毎年毎年気になる。

旅館の子供はいいねー、とよく言っていただき、もちろん良いことはたくさんあります。

でも、普通の家族ではなかなかないほど、休みなく朝から晩まで働くのです。皆で力を合わせて。
特にこの時期は。

そして、母は、桜が大好き。
母が昔に、昼間には見れませんが、仕事の後、遅くにタクシーに乗り、
「桜が見える道を走ってください」
と運転手さんに頼んで夜桜を堪能していました。
歩くほどの力は無かったのかもしれません。

「今年も桜が見れた」
と満足そうにしている母をいつも思い出すのです。

今は70歳近くなって仕事の量もへったかもしれません。でも、私が結婚するまではそう最近までは最前線で働いてました。

私は育ててもらったんです。

それを間近で見てました。親が働く姿を見れて私は幸せです。

その分、ちゃんと成長出来なかった事にも後悔が残ります。

そして、私もまた70までバリバリ働かないといけないと言う使命を与えられてるような気がします。

私のルーツはまさにこれですね。笑笑

e0172800_23285394.jpg

e0172800_23285466.jpg
めっちゃ良いことかいてもーた。

[PR]
by xxxcham | 2018-03-27 23:20

毎年泣いちゃう周年。

毎年泣いちゃう周年。

そう、3月25日にお店は7年を迎えます!
毎年、毎年、さらっと周年があります。
お店の営業は普通。
でも、私の中にはふつふつと湧き上がる感情があって、それを噛みしめる日。
それは、麦太朗の誕生日と似てる。

カフェチャムは私にとって子供と一緒。
大事に作って、大事に育ててきました。

途中で挫けそうになって、お店を閉めようと思った時もあった。人に譲ろうと思ったこともあった。
別の生き方を考える時も今でもあります。

でも、やっぱり私のお店。

私が育てたように見えて、お店に私が支えられたことの方が多い。

そのお店を支えるために、沢山の人が力を貸してくれてるし、大事にしてくれてる。

私はそのカフェチャムのチャムである事を今年も誇りに思うし、携わってくれたひと、お店に来てくれている人にただただ感謝をして生きていきます。


さて、7年間。

私は力を使い切れているのか。
まだまだやれる事があるはず。
惰性で動いてないか、ギラギラしてるか。

8年目に向けて、目標は10個20個。。。

全部クリアする気持ちでスタートしますよ!!!
e0172800_10260373.jpg
e0172800_10342502.jpeg
e0172800_10260098.jpg
e0172800_10335163.jpeg

[PR]
by xxxcham | 2018-03-23 21:23

毎日たわごと言ってます。

最近、36歳の歳になるわけで、周りの皆を見てたら、凄いなー、って思います。

それは、どんな仕事をしてる、とかだけじゃなくて、好きなことを頑張ってたり、好きじゃない仕事を頑張ってたり、家族をもって、守ろうとしてたり。

当たり前やけど、皆一所懸命生きてるなぁ。と。

もちろん、私も必死こいて生きてますが、多種多様に生きてる人たちが周りにいて、驚くニュースや、楽しい事を聞いたりする事が多い。


もちろん悲しいニュースや悔しいこともあるんだろうけど、それに立ち向かう術を皆つけてきてて、私も頑張らないといけないな、と思います。


東京で友人の結婚式の時にスピーチをした時、紹介で
「京都でカフェを経営されていて子供をおんぶして働いている友人です」と言われ、それに悲鳴?驚き?の声がありまして、「ああ、珍しいんだな」と感じました。
子供を連れてライブハウスで働く旦那さんも然り。
珍しい人生を勝手に歩かせてしまっていますが麦太朗にはその分珍しい体験をしてもらい、珍しい問題にぶつかった時も、家族で乗り越えられるようにしたいな。出来れば笑顔で。
e0172800_18332242.jpg

e0172800_18332318.jpg


[PR]
by xxxcham | 2018-03-22 18:26

2人目のタイミング。妊娠シフトについて。

e0172800_10293916.jpg
2人目のタイミング。
それを考え始め、ハンバートハンバートの家族行進曲を聴いています。

気持ちから入るタイプ。

もちろんやっと麦が落ち着いてきて、仕事がガツガツ出来るようになってきたので、まだ2人目を考えるのは早いかもしれないけど、お店には1人妊婦の子がいて、31歳の独身の女の子もいて、何年も先の事を考えていかなきゃいけない。女の子の多いお店だから。
妊娠したら10ヶ月お腹は大きくて1年くらいは色々とバタバタする。だから、3年6年、周期で考えています。

そう、シフトの中に、結婚、妊娠計画(私だけでなくスタッフ皆の)が組み込まれています。

スタッフの皆には、お母さんになることで、好きなように休んで、そして好きなように稼いで欲しい。

その中で、私の子供の事も考える。

麦太朗は良い子やけど、2年半、無理をさせ、我慢をさせ、良い子の枠にはめて育てた。(連れ回した?)
だから、本当は甘えたいやろうし、ワガママも言いたいと思う。
そんな中、2人目が出来たら、、、と不安になってしまう。つまり、私が思う存分可愛がって育ててない不満があるんだな。
でも、そーゆーもんなのかもしれない。

もちろん、犬のパンさんなんて発狂しちゃうかもしれない。

だから、麦もパンも2人目を充分可愛がれるまで大きくなってからの方がいいのかな?
でも私も36歳。

また赤ちゃんをおんぶして働けるのだろうか?

でも、麦が一人っ子なのは辛い。パンさんは15年も生きないんだろう。

そんな事を考え始め、3年後には産めるように環境を整えていきたいです。

出来たら出来たで産むけど、考え始めたら臆病になってしまいます。

お姉ちゃんになったパンさんを見てて、麦もお兄ちゃんになることを感じて胸が痛い。


え、、、

私、甘すぎですか?笑笑


この計画はまだまだ考え中の案件です。笑笑

ただ、子育てで不安になることはありますが、麦太朗の笑顔を見てると今の生活も良いものなのかな、と思えるもんです!

[PR]
by xxxcham | 2018-03-07 10:29